前へ
次へ

最近の鍼灸治療情報について

鍼灸治療というと、どこかが痛いと感じたときに行うものです。東洋医学の1つです。痛みがある場所や、それらの周辺に鍼やお灸をすることで、痛みを軽減するのです。腰痛や肩こりなど、現代病と言われる痛みは効果があると言われています。薬を飲んでもなかなか治らない人や、薬を飲み続けていることに抵抗がある方などが通うことが多いようです。どんなに医学が発達しても、西洋医学の薬にだけ頼る医療だけではなく、鍼灸などの東洋医学と融合しながら体の不調を緩和していく人も増えているのです。また、最近では、直接的な痛みだけではなく、精神的な疾患にも鍼灸治療の効果があると言われています。最近、多いうつ病などにも効果があると言われているのです。精神疾患の大変なところは、痛みははっきりしないことです。腰痛などは腰に痛みがあると言うなら、患部やそれらの周囲に鍼灸をすればいいのですが、うつ病では頭痛、腹痛、だるさなど、色々な体の部位に、患者それぞれ違う不調がありますから、初診が大事になってきますし、先生との信頼関係も重要な役割を果たすのです。最近では、ホームぺージなどのSNSで治療院の宣伝などをしているところも多いので、それらを見て、自分の症状にあった治療院を探すのが、痛み等の完治、緩和へつながるのです。鍼灸師でも、得意な分野があるので、そこに自分の症状が当てはまるかを見定めるのも重要になってきます。行く前にSNSで相談してみるのもおススメです。また、大人だけではなく、子供を治療してくれるところもあります。夜泣き、夜尿症などです。鍼やお灸というと、痛みを感じたり熱かったりしたら、子供の場合不安だという親御さんも多いとは思いますが、今は痛みがない鍼灸も多いので、病院に行くことや薬に不安を抱えているけど、子供の症状を良くしたいという人にも鍼灸院はおススメです。自分の体を自分よりも知ってくれる先生を探すことが、病気を治す近道なのかもしれません。

none

Page Top